FC2ブログ

the real book 制覇!

The real book

realBook.jpg

やっと全曲制覇しました。といっても聞いただけです┐(  ̄ー ̄)┌

ブログを読み返してみるとこの本を3月20日頃に買ってます。1ヶ月で約450曲聴いたことになりますね。来る日も来る日も聞いてただけですが・・・一生演奏し無いだろうなという曲や、難しくて出来ないと思える曲もありましたorz


普通にビートルズやディズニーの曲が載っていてアメリカは音楽が浸透しているなーと思いましたね。絶対コピーできないと思ってたけど楽譜見たら演奏出来た(゜∀゜)という曲や勿論それ以外にもユーチューブで寄り道して気に入った曲も数多くありました。



元々アメリカの音大を出た友達が向こうで流行っているということで買って見ましたが問答無用で曲を聴いてみるのもかなり勉強になりました。この程度なら読譜も勘を取り戻して来たし。自分の歌のキーが以外とスタンダードにはまっているのは嬉しかった(❀ฺ´∀`❀ฺ)



誠に勝手な感想を述べさせてもらうとやっぱりマイルスはクールだったしどうも僕はサックスはウェザーリポート以外の時のwayne shorterが好きみたい。ギターは意外とジョーパスよりもウェスよりもバーニー・ケッセルが好きみたいです。


フランク・シナトラも良かった。



自分でやって見たい歌物もありました。



女性ではジュリー・ロンドン♥ が良かった。



日本人がスタンダードを演奏している映像もたくさんあるのですが、全然海外勢に負けてないですね。無名の様な人や若い学生さんのような人でも凄い人も一杯いてちょっと嬉しかったりしました。



元々は老眼になる前に一応ちゃんとメロ譜を読んでおきたかったのと握力がある内に太い弦を張るJazzを初めておきたくて始めたこのプロジェクト?ですが・・・さぁ後は練習だぁー┐(  ̄ー ̄)┌

B

前回から続いているRealBookの旅はようやくAの欄が終わり、やっとBに辿りついた(汗)。Aの最後はあの有名な曲「Autumn Leaves」・・・そう「枯葉」。まぁこれは置いといて・・・



A最後の1つ前はAutumn In New York・・・これはVernon Dukeという人の書いた渋い曲ですが、普段外国人の演奏ばかり聞いているけど、日本人もかなり良いです。曲は違うけど学生や演歌歌手などがやっている物も有り、とても興味深い。これはKenny Burrellさんというギタリストの演奏です。







ここまで来てみたけど、中々コード進行のくせみたいな物が有る事に気付いた。殆ど形式的にはIIm7とV7の繰り返しが多い。うまい具合に途中で転調したり、短調が長調になったりその逆だったり。少しだけ分かってきましたが、1つだけはっきりした事がある・・・・




多分今僕は世界で一番下手くそなJazzギタリストでしょう┐(  ̄ー ̄)┌

A

先週The Real Bookを買った事は書いたけど、あまりに曲目が多くまったく前に進まない。おまけにユーチューブで関連動画を見ているうちにどんどんわき道へそれて行き収拾がつかないので気になったものだけ少しずつ書いて行こうと思う。

まずは(アルファベット順に並んでいるので)Aからいきない・・・・

Afternoon In Paris・・・

Pariと言えばゲーリームーアのパリの散歩道やろ!と突っ込んでしまったのは言うまでも無いがこれは全然違う曲。ジョンルイスさんという人のグループの曲のようです。ぼやっとした感じですがコード進行がきれいです。

他のグループが歯切れ良いビートで演奏しているのも有り、そっちもいい感じです。



以下は寄り道した曲・・・こっちの方が多いです┐(  ̄ー ̄)┌

Fly Me To The Moon
Polka Dots And Moonbeams
The Girl From Ipanema(P158)
Misty(P296)
There Will Never Be Another You(P407)

-instrumental-
Full House (P154)
SoWhat(364)
Take Five(P397)

(メンバーへ:ページ数はRealBook)

Jazz Style!?

久しぶりのブログだけど、最近すっかりJazzGuitarにはまってて練習ばかりして、ほとんどネットは見なくなってしまってました。うーん健全健全。(笑)


結果が全てなのでおおっぴらには言ってないけど(今書いた(笑))実は高校生の頃Jazzを半年習って、それからAN音楽院(当時はそう呼ばれていた)に1年と1ヶ月ほど通っていて、多少の知識はあったのだけど好みが付いてこなかった。


ところが最近どっぷり(といっても2ヶ月ほどだが)浸かってしまっている。


きっかけは何処かのサイトでⅡ-Ⅴの時に使えるスケールをおさらい(普段はコンディミしか使えなかった)しようと色々読んだり聴いたりしているうちに・・・という具合です。


この10年位ブルースロックを歌ってきたが、そろそろ年齢的にももっと渋いのもやってみたくなって、今度はギターボーカルでJazzをやりーの、時々好きなウェスの曲とかを演奏できたら良いなーとか思ってたところ、


家で相棒のベーシストとリハがてらんなそんな話をしていたら「良い楽譜が有るよ」という事で(彼はロスの音大を出ていて、向こうで良く使われているらしい)このTHE REAL BOOKという本を教えてもらってアマゾンで注文して届いたらまたこれが楽しい。


「うわぁこの曲はこういうコード進行だったんだ」とか「これ簡単じゃん」とか「この曲は一生やら無いだろうなw」など色んな発見があってまた面白い。

realBook.jpg


弦も0095から11に替え、最初は肩凝りとかに悩まされていたけど最近ではすっかり慣れてしまったので楽しいことこの上ない。


しかし弦は柔らかいほど弾きやすいと思っていたけど、フレーズによっては太くないとやりにくいフレーズとかがあって面白い。


ま、当分人前では演奏できませんので(笑)しばらくこもる事になりますが私は元気です(^0^)ノ”

高槻JAZZ STREET


5月3日に高槻JazzStreet出てきました。
遠いのに来て頂いたみなさんどうもありがとう。

今回はBluesRockersではなく、何でも高槻でBarをやっているVoの吉田氏が同じく高槻出身のローリー寺西氏と地元のお祭りで騒ごうと言う趣旨で計画されたバンド『懐メロオールスターズ』らしいが、彼(ローリー)の全曲出演が危ういという事で急遽助っ人を頼まれた様な次第です。

午前中に高槻市の外れにある”いっつぁん”の店『FLAME』に集まり、1時間ほどリハーサルをして機材を積み込み出発しました。

地元民しか判らない様な細い路地を恐々抜けると商店街の中腹に出くわしました。商店街に面した空き地(よく有る様な店舗用売り地の様なところ)にテントが立ててあり、簡易PAシステムが置いてありました。足元は砂利ですよ砂利。

電源は両側に隣接した民家から拝借しているようで、演奏の騒音!?にもめげずご協力いただいている皆さんには感謝感謝。2階のベランダで覗いている小さい男の子兄弟に愛想を振りまきながらもセッティングを終了。きっと彼らは将来ミュージシャンになる事でしょう。

今回のメンバーであるドラムの門地氏はブルースロッカーズの2代目ドラマーで元々お互い勝手も判っているし、Bassのいっつぁんも付き合いが長く、セッションを何度もした事があるので何も不安は無い。Voはいっつぁんの同級生で、元々Drumerでもあるが高校卒業後バイクのレーサーに転身した変り種で現在は高槻でBarをしており、とても面白い奴だった。

肝心の演奏はリハーサルの時はボロボロでしたけど本番はさすがに皆さんこなれていらっしゃる。僕は譜面を見ながら演奏したので曲の進行さえ間違わなければOKでしたが、途中蝶々が飛んできて見落とす事数回。蝶々大嫌い。大きめに書いたリハーサルマークも蝶々には勝てません。まだまだ修行が足りませんな。

まぁVo氏の楽しいMCや選曲も有り、お客さんは楽しんでいただいたようでOKといたします。

ローリー氏が出る予定だったのですが、残念ながらスケジュールの都合もあって今回はキャンセルになりました。彼とは直接面識が無いけどお互い高校生の頃から知っており(まぁ地元のライバルと言う奴でしょうか?)、僕がやるなら大丈夫やろうっと言う事で来なかった処も有ったらしい・・・っておいっ!。

ローリーはスカンチをやる前の高校生時分に猟奇納骨堂というバンドをやっていて、その頃から今のようなスタイルのギタープレイだった。何かのコンテストで見た彼の音が凄く良かったので真似てYAMAHAのFシリーズと言うGuitarの色違いを買ったことが懐かしい。今でもかなりのライブ等をこなしている様だが、その中にはBluesRockersの様なトリオバンドもあり、これは要チェックです。

僕達の後に出た平安女子大のオーケストラに後ろ髪を引かれつつも機材を撤収してファミレスへ行き、お酒抜きの軽い打ち上げをして帰路に着きました。あーしんど。

応援してくれた皆さんどうもありがとう。来年はBluesRockersでも出れたら良いなと思います。
プロフィール

kaorukado

Author:kaorukado
さすらいのギターボーカル。2015.7.21に自分のアイフォンでsiriに引っかかりやすいようにタイトルを変更しました。とんがって行こう!⇒尖がって行こう!

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
リンク
今日までのBluesRocker
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ