FC2ブログ

徒然草 第150段

普段良く他人には偉そうに講釈を垂れていますが、その都度探すのが大変なので元ネタを書いておきます。芸事にいそしむ人は必見かと思いますが、色んな分野に応用できるのではないでしょうか。


【徒然草 第150段】

能をつかんとする人、「よくせざらんほどは、なまじひに人に知られじ。うちうちよく習ひ得て、さし出でたらんこそ、いと心にくからめ」と常に言ふめれど、かく言ふ人、一芸も習ひ得ることなし。

未だ堅固かたほなるより、上手の中に交りて、毀り笑はるゝにも恥ぢず、つれなく過ぎて嗜む人、天性、その骨なけれども、道になづまず、濫りにせずして、年を送れば、堪能の嗜まざるよりは、終に上手の位に至り、徳たけ、人に許されて、双なき名を得る事なり。

天下のものの上手といへども、始めは、不堪の聞えもあり、無下の瑕瑾もありき。されども、その人、道の掟正しく、これを重くして、放埒せざれば、世の博士にて、万人の師となる事、諸道変るべからず。


【徒然草 第150段 現代語訳】(俺が訳したんじゃないよ手(パー)
 芸を身につけようと思っている人が、「へたくそなうちは、なまじっか人に知られてはまずいので人知れず猛特訓して熟練してから、お披露目をすれば格好良く見えるだろう」と、よく言うけれど、こんなことを言っている人が、芸を身につけたためしは何一つとしてない。

 まだまだ、芸がへっぽこなうちから、ベテラン級の人々に交ざって、馬鹿にされたり笑われたりしてもへっちゃらで、いつもと同じ気持ちで我慢して頑張る人は、才能や素質がなくっても芸の道を踏み外すこともなく、自己流にもならず、時間がたてば、要領が良くて上手な人が練習をおちょくっているのよりも、人間性が向上して、人にも努力が認められ、そのうちには、この世に並ぶもののないマイスターの称号を与えられるに至るのである。

 人間国宝と言ったって、始めは、へなちょこという噂がたったり、ぼろくそに侮辱されたりすることもある。だけど、その人は芸の道の掟に正しく従って、大切に考え、自分の我が儘を押し殺したからこそ、重要無形文化財として万人の師匠になったのは、どの世界でも同じ事なのだ。

(引用というか、まんまコピーです↓取り扱いにはご注意下さい。)
http://www.tsurezuregusa.com/contents/150.html
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kaorukado

Author:kaorukado
さすらいのギターボーカル。2015.7.21に自分のアイフォンでsiriに引っかかりやすいようにタイトルを変更しました。とんがって行こう!⇒尖がって行こう!

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新コメント
リンク
今日までのBluesRocker
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ